読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

totti5210bpのブログ

都会と地方、人と人、わたしとあなたとにかく、循環です。

パワーカムバック、何も考えなかったあの頃へ!

ただいま、超なさけな~い四十路のとってぃです。

【閲覧注意】知らんし~!って感じの愚痴ブログです。

 

全く何も手につかない。笑えない。話せない。

なんじゃこりゃ~!気づいたのは、去年の10月ぐらい。原因は不明。

先月までは北海道のキロロスキー場(パウダースノー「粉上の雪質」で世界的に有名)でリゾートバイトをしていた。自然の中で暮らすことと、唯一長く続いた趣味スキーを楽しむ事にとった手段が、ほぼほぼ無料ですごせ、バイト代も手にはいる、リゾバ。
 
自然の中で好きなことをしていれば、元の気を取り戻せると3 時間休みがあれば、スキーをしに、ゲレンデへ、休みの日は、スキーと温泉、『幸せー』『楽しいー』と何度も口にした。なのに、どこかココロは晴れない。
 
リゾートバイトの仕事は人の出入りが激しいのもあり、大まかに単純作業の繰り返し、気が晴れない僕は仕事に逃げ込んだのであるが、不平不満をぶちまけてしまう人・いろんな理由で当日欠勤する人たちよりも、仕事ができない!まじめにコツコツやれば、慣れればと思ったが、スピードが遅い。それに気が利かない。みんなに気を使われる始末。こんなはずじゃないのにと・・・。
あと、リゾートバイトの特徴は寮生活、夜な夜な自然発生的に飲み会が開かれ、深夜1時ぐらいまで共有スペースは賑わっている。人が苦手な人はこの状況を嫌悪しているが、人が好きでしゃべるのも好きな僕、参加しないはずはない。
そこに座って同僚たちと話してみるが、どうも話が続かない。ツッコミどころがおかしい、空気を読めない、余計な一言を口にする、言葉足らずと、最悪の状況、今まで挫折を感じたことがなかった僕が、いったい、どうなってしまたんだろうと、「悩みがないことが悩み」って大口をたたく、いけ好かない奴だったぼくが、年齢のせい、いや年上の方でも、打ち解けあってる人もいる、厄払いにも、ちゃんと行った、なのに、どんどんネガティブな発想が、こんなはずじゃないとその時の現状を受け入れられず、人と話すのが怖くなり部屋にこもる。仕事の単純作業に没頭している状況が救いだった。
僕のまわりには、何かを抱えながらも仲間と愚痴を言いあい、笑い、なんやかんや文句をいって仕事はきっちりする人たち、そんないい環境にいながら・・・。
 
今も最高の環境で気のいい人たちの中で、あぷあぷしてる自分がいる。
やさしさがしみる。みんながまぶしい。いい所やな~、ここも。
もがいてみよう、苦しいを楽しめたら、無敵やもんね。
人生、初挫折、初体験、やったー!
 
重たーい空気感じさせたら、ごめんやで~!